感動を与える塾

関関同立など関西地方の難関私大合格をサポートしているマナビズムという塾は、独自のサービスを展開しています。塾といえば、志望校に合格するためだけに行くところが多いでしょう。しかしマナビズムでは、受験生に志望校合格だけでなく、自ら課題を見つけ解決する力を見に付けてもらいたいと考えているようです。
良い大学を志望する理由が「就職に有利だから」ということだけでは、目指す意味がないのではとマナビズムの代表は思っているようです。実際に生徒にもそのことを伝え、自分は何がしたいのか、それに向かって実現するにはどうすればいいのかと投げかけているとのこと。受け身ではなく、能動的に動ける人へと導くことが教師としての目標なのだそうです。だから授業と同じくらい自習の時間を大事にしています。

マナビズムでは、他の塾にはないような独自のサービスを展開していると先ほど書きましたが、その一つが「自習コンサルティング」です。自習コンサルティングで受験生の自主性をサポートしています。そして、自習で学んだ内容を授業で復習する「反転授業」は革新的なサービスと言えるでしょう。学生の積極性を更に引き出す環境づくりに力を入れているようです。
自ら考え、努力するという姿勢は受験だけでなく就職した後でも役に立つでしょう。この発想は他の事業でも同じ。就労移行支援でも就職がゴールなのではなく、その先に重点を置いてフォローに注力していることからもわかると思います。

マナビズムが大事にしている「関わる全ての人に感動を与える」という信念は、既存のサービスの枠の中でも創ることができるでしょう。しかし、それ以上に大きな視点を持ち、社会に常に影響を与えていける塾であり企業でありたいと、マナビズムは考えているようです。

マナビズムはこれからどのような事業を展開するにしても、「感動」が根底にあるようです。そしてそんな信念に共感してくれる塾スタッフを募集しているとのことです。
塾に通う受験生はもちろん、受験生の保護者や、一緒に働くスタッフ、全員が感動できるサービス提供と職場づくりに取り組んでいるようです。
マナビズムの良いところとして、生徒と先生の距離が近い、スタッフ同士の仲が良い、本気でスキルアップできる研修制度、年齢ではなく能力で責任のある仕事も任せてもらえるといったポイントがあるそうです。
塾講師に興味がある、生徒の夢実現をサポートしてみたいと考えている人は、マナビズムの求人をチェックしてみてはいかがでしょうか。