難関私大専門塾の採用情報

難関私大合格を目指す塾マナビズムでは、講師や教室長、自習コンサルタントなどの職種を募集しているようです。
マナビズムの代表八澤先生は、自分で教えられる生徒数は限られているが、生徒を魅了してやまない授業をもっと多くの人に受けてもらいたいと考え人員を募集しているとのことです。

マナビズムでは受験生はもちろんのこと、社員やアルバイト全員との「距離が近い塾」を目指しているそうです。
また、マナビズムには自習コンサルティングという、週に1度授業外で受験生の自学自習の状況を管理する特有のサービスがあります。それを担当するのが自習コンサルタントです。生徒一人ひとりの現状や問題点を講師に知らせるため、早急に対応できるようになっているようです。自習コンサルタントがいるため、生徒は「何から始めたらいいのかわからない」ということがなくなるのです。だからこそ、マナビズムでは難関私大の合格率が80%を超える数字を叩きだしていると言えるのではないでしょうか。
自習コンサルタントは、講師よりも受験を終えてからの期間が浅いというのもポイントです。受験生の気持ちをより共感できるという点は大きいでしょう。年齢が近いので、相談しやすいという受験生の声もあるようです。

教え方に自信が持てないという人でも、丁寧に指導してくれるようです。指導のプロフェッショナルに教えてもらえるなら安心なのではないでしょうか。
他にも、授業だけでなく営業管理・保護者対応など教室運営を行う社員も募集しているようです。
応募資格は「受験生の夢を叶える手伝いをしたい」という気持ちがあるかどうか。経験は必須ではありませんが、生徒を指導する立場から、生徒よりも早く成長するという「熱い心」を持ってきてほしいとのことです。
また、「関わる全ての人を感動させる会社を創る」をいう信念に共感する人を求めているようです。

マナビズムの採用担当者は、仕事という視点からマナビズムを見て「面白い」「成長できる速度が早い」塾であると語っています。社員たちの「面白い」「楽しい」「充実している」といった感情を本当に大事に思っているのだとか。また、やりがいのある仕事を若いうちからこなしていくことになるため、その分早く成長できるとのことです。
他にもスタッフ同士の仲がいいというのもこの塾の特徴と言えるでしょう。
塾で楽しく働いてみたいと考えている人は、マナビズムの求人を詳しく調べてみてはいかがでしょうか。