moobleのビジョン

難関私大合格を目指す塾、マナビズム。このマナビズムを運営している株式会社moobleの塾経営や事業展開においての戦略やビジョンについて見てきたいと思います。

マナビズムは大阪を中心に6校舎展開し、難関私大を専門にしている塾です。立地条件などから塾に通えない生徒のために、家でマナビズムのサービスが受けられる在宅コースもあります。自習コンサルティングや反転授業、ライブ授業や動画サイトで広報活動を行うなど、独自のサービスや取り組みが注目されています。
マナビズムが信念としているのが「関わる全ての人を感動させる会社を創る」ということ。その信念に共感したスタッフが、日々教室で勉強を教えているそうです。

株式会社moobleはこの学習塾を主体に、順調に業績を伸ばしているようです。マナビズムを立ち上げた当初は10人だった生徒数が、今では350人まで増えました。6校舎を持つマナビズムは、これからも教育事業の発展にリソースを割きながら、他の形でも「感動」を創りたいと考えているそうです。

既成概念が業界を覆い尽くしているところに風穴を開けるような事業をしたいとmoobleの代表は語っています。その風穴を開けるようなアイデアは社員からも発信してもらい、社員の手で実現させてほしいとのこと。保育園の先生になるという夢を持っている社員とは、一緒に保育園事業も計画しているのだとか。このように、社員の数だけ「感動」を生む機会があるはずです。今後、もっと幅広い事業展開を考えていて、もっと大きなインパクトを社会に与えられる会社になることを目標にしているようです。

そんな事業展開を行うためにも、moobleは新しい戦力を募集しています。新しいことをするためには多くの視点が必要と考えているため、意見の相違は気にしないといいます。自由な発想で、マナビズムのように会社の顔となるような事業を立ち上げてほしいと考えているようです。
「関わる全ての人を感動させる会社を創る」という信念が行動の軸とし、力を合わせて世を変える企業へと成長させられる人材を求めています。
また、教育に大切なのは「共育」と考えているようで、生徒の模範となる教師も、生徒に負けず自己成長を目指していかなければならないようです。
仕事を人生の一部として楽しめるような人を募集しているとのことで、「感動」をつくりたい、笑顔で仕事がしたい、生徒と共にもっと成長したいと考えている人はマナビズムの塾講師の仕事を視野に入れてみてはいかがでしょうか。