大学受験をサポート

人生のターニングポイントとも呼べる大学受験。その受験を手助けしてくれるのが塾や家庭教師といった存在でしょう。
今回は、難関私大の専門塾として知られているマナビズムについて紹介していきたいと思います。

マナビズムは大阪府を中心に塾を展開しています。また、塾に通うことができない場合でもマナビズムでは、ほぼ同じサービスを受けられる在宅コースもあります。通塾コースも在宅コースも、難関私大に的を絞った指導で、志望校合格へ最短距離で導いてくれるとのことです。

通塾コースは、自学自習の徹底した管理を行うとともに、反転授業、ライブ授業、映像授業を組み合わせて大学合格に向けて最短の道を設定し、支援してくれるというもの。遊びや部活、学校行事に全力投球し、勉強はまじめにしてこなかったという高校生でも、難関私大に逆転合格したいと考えている人にピッタリの塾と言えるでしょう。
在宅コースでは最小の労力で最大の結果を残すべく、映像授業や質問掲示板、オンライン自習室などのサービスがあります。
マナビズムには通塾コースも在宅コースも共通して、自習コンサルティングというサポートがあります。受験生一人ひとりに自習コンサルタントという担当がつくのです。そして受験生の学力や試験までの残された日数から逆算した自習計画を作成してくれるとのこと。だから「何をしたらいいかわからない」ということが起きないようです。
また、「子」別単語テストも実施しており、他塾ではありえないようなテストとのことです。先述した自習コンサルティングに中で、一人ひとりの単語力に合わせた「子」別単語テストを準備し、実施しています。これを行うことによって、短期的な目標が明確に決まり、やるべきことがいつでもはっきりしている状態で勉強に専念できるという考えのようです。この2点がマナビズムの特徴であり、難関私大合格への大きなサポートとなっていると言って過言ではないでしょう。

マナビズムについてもっと知る

このような様々なサービスを展開するマナビズムでは、塾講師などの採用も行っています。学生の難関私大合格という夢の実現を、勉強を通じて手伝いたいという人を募集しているようです。
経験は必要ないようですが、生徒を指導するという立場から、生徒よりも早く成長するという「熱い心」を持った人を求めているようです。塾講師になって生徒をサポートしたいと考えている人は一度マナビズムの求人を見てみてはいかがでしょうか。塾講師の他にも教室長なども募集しているようです。

難関私大を目指す塾の職場環境

関西地方で難関私大合格を目指す人なら、マナビズムという塾の名前を目にしたことがあるかと思います。マナビズム代表兼講師である八澤先生の受験生時代の思い出が、設立の発端になったと語っています。
関西大学合格に向けて勉強をしていた八澤先生が当時住んでいた周辺には、関関同立に特化した塾が近くになかったそうです。そこで、これはニーズがあるのではないかと思い立ち、今では6校舎の塾を展開するまでに至ったとのこと。それでも立地の問題で塾に通うことができない生徒のことを思い、家にいながらにしてマナビズムに通っているのと同じように勉強ができるカンヨビ(現在はマナビズム通塾コース)を立ち上げたようです。

マナビズムが得意としているのは、成績が思わしくない生徒や短期間で逆転合格させることなのだとか。志望校の入試傾向を解析し、受験生一人ひとりの学力に合わせて合格カリキュラムを設計するそうです。入塾した時から最短の道で合格できるような計画を立てるからこそ、逆転合格が可能になるのではないでしょうか。

また平成26年からは、広報用に動画配信サイトでマナビズムのチャンネルを開設しています。今では業界トップレベルの登録者数に達しているようです。時代に合わせた施策や、今までの枠を超えて様々なジャンルの事業展開をしているマナビズムですが、根幹にある「関わる人全てを感動させる社会を創る」というものは変わらないそうです。この信念を軸において、これからも多彩な事業に挑戦していくようです。

そんな信念に共感してマナビズムで働いているスタッフは、殆どが20代と若く、元気に溢れているとのこと。社内の人間関係は社歴に関わらずフラットで、意見も活発に出てくるような働きやすい職場のようです。みんなが自由に発言できている背景には、同じ信念を共有しているからという理由があるからです。信念が様々な判断基準になっているため、たとえマナビズムの代表でも「それは感動に繋がらない」と反対意見を出されることもあるようです。
スタッフにもっと自由に行動させるためにも、意思決定のスピードを上げて、即実行できる体制を整えようと考えているようです。他にもスタッフ同士のコミュニケーションにも注力していて、月に1回、BBQや温泉など全員で遊びに出掛け、社内の結束力を高めているようです。リフレッシュ施策などで周りとコミュニケーションを取り、同じ信念を心に持ちながら働ける環境と言えるのではないでしょうか。

感動を与える塾

関関同立など関西地方の難関私大合格をサポートしているマナビズムという塾は、独自のサービスを展開しています。塾といえば、志望校に合格するためだけに行くところが多いでしょう。しかしマナビズムでは、受験生に志望校合格だけでなく、自ら課題を見つけ解決する力を見に付けてもらいたいと考えているようです。
良い大学を志望する理由が「就職に有利だから」ということだけでは、目指す意味がないのではとマナビズムの代表は思っているようです。実際に生徒にもそのことを伝え、自分は何がしたいのか、それに向かって実現するにはどうすればいいのかと投げかけているとのこと。受け身ではなく、能動的に動ける人へと導くことが教師としての目標なのだそうです。だから授業と同じくらい自習の時間を大事にしています。

マナビズムでは、他の塾にはないような独自のサービスを展開していると先ほど書きましたが、その一つが「自習コンサルティング」です。自習コンサルティングで受験生の自主性をサポートしています。そして、自習で学んだ内容を授業で復習する「反転授業」は革新的なサービスと言えるでしょう。学生の積極性を更に引き出す環境づくりに力を入れているようです。
自ら考え、努力するという姿勢は受験だけでなく就職した後でも役に立つでしょう。この発想は他の事業でも同じ。就労移行支援でも就職がゴールなのではなく、その先に重点を置いてフォローに注力していることからもわかると思います。

マナビズムが大事にしている「関わる全ての人に感動を与える」という信念は、既存のサービスの枠の中でも創ることができるでしょう。しかし、それ以上に大きな視点を持ち、社会に常に影響を与えていける塾であり企業でありたいと、マナビズムは考えているようです。

マナビズムはこれからどのような事業を展開するにしても、「感動」が根底にあるようです。そしてそんな信念に共感してくれる塾スタッフを募集しているとのことです。
塾に通う受験生はもちろん、受験生の保護者や、一緒に働くスタッフ、全員が感動できるサービス提供と職場づくりに取り組んでいるようです。
マナビズムの良いところとして、生徒と先生の距離が近い、スタッフ同士の仲が良い、本気でスキルアップできる研修制度、年齢ではなく能力で責任のある仕事も任せてもらえるといったポイントがあるそうです。
塾講師に興味がある、生徒の夢実現をサポートしてみたいと考えている人は、マナビズムの求人をチェックしてみてはいかがでしょうか。

moobleのビジョン

難関私大合格を目指す塾、マナビズム。このマナビズムを運営している株式会社moobleの塾経営や事業展開においての戦略やビジョンについて見てきたいと思います。

マナビズムは大阪を中心に6校舎展開し、難関私大を専門にしている塾です。立地条件などから塾に通えない生徒のために、家でマナビズムのサービスが受けられる在宅コースもあります。自習コンサルティングや反転授業、ライブ授業や動画サイトで広報活動を行うなど、独自のサービスや取り組みが注目されています。
マナビズムが信念としているのが「関わる全ての人を感動させる会社を創る」ということ。その信念に共感したスタッフが、日々教室で勉強を教えているそうです。

株式会社moobleはこの学習塾を主体に、順調に業績を伸ばしているようです。マナビズムを立ち上げた当初は10人だった生徒数が、今では350人まで増えました。6校舎を持つマナビズムは、これからも教育事業の発展にリソースを割きながら、他の形でも「感動」を創りたいと考えているそうです。

既成概念が業界を覆い尽くしているところに風穴を開けるような事業をしたいとmoobleの代表は語っています。その風穴を開けるようなアイデアは社員からも発信してもらい、社員の手で実現させてほしいとのこと。保育園の先生になるという夢を持っている社員とは、一緒に保育園事業も計画しているのだとか。このように、社員の数だけ「感動」を生む機会があるはずです。今後、もっと幅広い事業展開を考えていて、もっと大きなインパクトを社会に与えられる会社になることを目標にしているようです。

そんな事業展開を行うためにも、moobleは新しい戦力を募集しています。新しいことをするためには多くの視点が必要と考えているため、意見の相違は気にしないといいます。自由な発想で、マナビズムのように会社の顔となるような事業を立ち上げてほしいと考えているようです。
「関わる全ての人を感動させる会社を創る」という信念が行動の軸とし、力を合わせて世を変える企業へと成長させられる人材を求めています。
また、教育に大切なのは「共育」と考えているようで、生徒の模範となる教師も、生徒に負けず自己成長を目指していかなければならないようです。
仕事を人生の一部として楽しめるような人を募集しているとのことで、「感動」をつくりたい、笑顔で仕事がしたい、生徒と共にもっと成長したいと考えている人はマナビズムの塾講師の仕事を視野に入れてみてはいかがでしょうか。

難関私大専門塾の採用情報

難関私大合格を目指す塾マナビズムでは、講師や教室長、自習コンサルタントなどの職種を募集しているようです。
マナビズムの代表八澤先生は、自分で教えられる生徒数は限られているが、生徒を魅了してやまない授業をもっと多くの人に受けてもらいたいと考え人員を募集しているとのことです。

マナビズムでは受験生はもちろんのこと、社員やアルバイト全員との「距離が近い塾」を目指しているそうです。
また、マナビズムには自習コンサルティングという、週に1度授業外で受験生の自学自習の状況を管理する特有のサービスがあります。それを担当するのが自習コンサルタントです。生徒一人ひとりの現状や問題点を講師に知らせるため、早急に対応できるようになっているようです。自習コンサルタントがいるため、生徒は「何から始めたらいいのかわからない」ということがなくなるのです。だからこそ、マナビズムでは難関私大の合格率が80%を超える数字を叩きだしていると言えるのではないでしょうか。
自習コンサルタントは、講師よりも受験を終えてからの期間が浅いというのもポイントです。受験生の気持ちをより共感できるという点は大きいでしょう。年齢が近いので、相談しやすいという受験生の声もあるようです。

教え方に自信が持てないという人でも、丁寧に指導してくれるようです。指導のプロフェッショナルに教えてもらえるなら安心なのではないでしょうか。
他にも、授業だけでなく営業管理・保護者対応など教室運営を行う社員も募集しているようです。
応募資格は「受験生の夢を叶える手伝いをしたい」という気持ちがあるかどうか。経験は必須ではありませんが、生徒を指導する立場から、生徒よりも早く成長するという「熱い心」を持ってきてほしいとのことです。
また、「関わる全ての人を感動させる会社を創る」をいう信念に共感する人を求めているようです。

マナビズムの採用担当者は、仕事という視点からマナビズムを見て「面白い」「成長できる速度が早い」塾であると語っています。社員たちの「面白い」「楽しい」「充実している」といった感情を本当に大事に思っているのだとか。また、やりがいのある仕事を若いうちからこなしていくことになるため、その分早く成長できるとのことです。
他にもスタッフ同士の仲がいいというのもこの塾の特徴と言えるでしょう。
塾で楽しく働いてみたいと考えている人は、マナビズムの求人を詳しく調べてみてはいかがでしょうか。